検索
  • barandtakkyuroom

【回転を掛ける感覚】


卓球において回転を掛ける感覚はとても重要ですよね。


この感覚を早い段階から身につけることで上達も早くなるのではないでしょうか。

前提として僕はどんなラバーでも回転は掛かると思ってます。

(ラバーによって回転量が違うだけで)

そして意外と多いのが、「回転は掛けてるのにコートに収まらない」という方です。

特徴として「早く擦るイメージばかりで回転を掛けようとしている人」

回転を掛ける際に大切な要素として「押す力」と「引く力」の要素があります。

上記の特徴の方は主に「押す力」で回転を掛けようとしているのではないでしょうか?

スピードを出す際には「押す力」も必要ですが、コートに収まらない場合、おそらく「押す力」が強すぎて、ボールを引っ張る(擦る)前に、ボールをはじき出してしまっているという状態です。

そこで大事なのが「引く力」を利用して回転を掛けれる感覚を身につけることです。

僕は無理矢理スピンを掛けるのではなく自然にラバーに引っかかる状態が理想だと感じてます。

まずは「引く力」でボールを掴み、回転を掛ける感覚を身につけることが自分でコントロール可能なボールを飛ばせる秘訣なのではと思います。

サーブやドライブにしても「当たってから引く」で回転を掛ける感覚を養う。

(スイングしてからボールが飛んでいくイメージ)

その「引く力」でスピンを掛ける感覚を養った上ではじめて「押す力」もプラスする。

するとスピンとスピードが両立したボールを出すことができるかと思います。

※僕は物理現象に詳しい訳でもなく、いい加減なことを言っているかもしれないので、あくまで感覚的理解で正しいという保証はありませんのでそこはご了承頂きたいです。笑

卓球は身体の使い方やボールに力を加えることも、もちろん大切になってきますが、どんなに動きが良かったとしても所詮ボールとラケットをどう接触させるかが大事なポイントになってきます。

この接触を上手く出来ないとボールはコートに収まらないので、まずはここをしっかり植え付けることが大事ポイントだと感じます。

一意見として少しでも参考になれば幸いです( ̄^ ̄)ゞ



へばね。

渋谷 卓球ROOM K

石澤

#渋谷#神泉#卓球 #卓球場 #個室 #パーソナル #レッスン #松平健太 #石澤恭祐

#卓球ROOMK

147回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示